カバードポーチ

着工5日目、Em's Worksモデルハウスの進捗、順調です!

構造・躯体・性能についてはほぼ確定したところで、いよいよ仕様選定の時期です。

ミーティングでは設計図だけでなく、イメージ図も用意して行っています。

ちょっとした絵があると伝えやすいので、打ち合わせがスムーズです。

今日、描いたのはカバードポーチの絵です。

玄関ポーチが半屋外空間として利用できるカバードポーチは、ご近所とのコミュニケーションの場として北米では多くの住居に取り入れられています。

Em's Worksのモデルハウスでは、テーブルを置いてカフェコーナーにしたり、ガーデンのワークスペースとしたり、あとガーデングッズの販売など行っていきたいです。

絵を描いていると、次から次へと楽しいことが思いついてしまい、ついつい予算の限度があることを忘れそうです。

しっかり把握しながら進めたいと思います。

 

 

 

昨日は、捨てコンクリート打設後、防湿フィルムを敷設しました。

捨コンコンクリートとは、根切り後に基礎や型枠の墨出し、型枠・鉄筋の受け台として設けるものです。また鉄筋のコンクリートかぶり厚さを確保するための台の役目があります。

防湿フィルムは、地面からの湿気を床下に及ぼさないために敷きます。

今日は、基礎配筋を行いました。

住居部分は耐圧部@200

ガレージ部分は耐圧部@150

にて施工を行いました。

明日の午後より瑕疵保証の検査を受ける予定です。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    池田 秋子 (火曜日, 22 5月 2018 14:06)

    拝島駅付近に住んでいます。
    築0年の家、内装は3年前に、リフォームして住んでいます。
    エクステリアのリフォームは、やっていただけますか?

  • #2

    Em's Works (水曜日, 20 6月 2018 16:23)

    池田様 コメントを頂戴し誠に有難うございます。
    お返事が遅くなったこと、大変申し訳ございません。
    エクステリアのリフォーム、もちろんお受けしております。
    お気軽にお電話いただけますよう、宜しくお願いいたします。