住宅瑕疵担保責任保険 検査立ち合い

今日は住宅瑕疵担保責任保険の検査日でした。

結果はもちろん合格です。

住宅瑕疵担保責任保険とは、建設業を営でいる会社が住宅の新築工事を請け負う際、必ず加入が必要な保険です。

お引渡し後、構造躯体に発生した問題や雨漏れ等に対し建築会社は10年間、責任を持ってその瑕疵を修復する義務が法律で定まっています。

ただお引渡し後、10年の間にその新築工事を請け負った建築会社が存続していなければ、その義務は果たせません。

もし建築会社が対応できない状況になった場合でも、保険会社が修復に必要な費用を保証してくれます。

お引渡し後のケアは、お家を建てる方にとってとても重要なところ。

お客様に安心をもって建築に臨んでいただけるよう、もうけられた保険が住宅瑕疵担保責任保険となります。

しっかりとした構造基準がありそれをクリアできないと保険が適用されませんので、十分な注意を払い施工を進めていきます。

 

次回の検査は構造躯体が建ち上がった時期と、雨仕舞の防水施工が完了した時期に行います。

Em's Worksでは3回の検査を実施しています。

 

検査員は、国から指定された検査機関の方で、第三者の方が検査を行います。

検査の立会日は、自社の施工方法だけにとらわれず、様々な施工方法を聞き出すことが出来るのでとても貴重な日です。

今日もたくさん質問し、最近気になっていた塗り壁の雨仕舞に対して、参考になる話を聞かせてもらいました。