断熱工事

夏らしい陽気になってきましたね。

これからどんどん暑くなるのでしょうが、モデルハウスの現場内部は、断熱施工が終えたので、作業しやすい環境が整いました。

今日は、その断熱工事の様子を動画に収めましたので、どうぞご覧ください。

 

この断熱材は「発泡型吹付断熱材」といいます。

繊維状のグラスウールを壁面に張り付ける施工とは異なり、泡状の断熱材を吹き付ける施工方法です。

繊維状の断熱材では重なる部材と部材とで、断熱施工が出来ないカ所が多数できます。

その施工出来ないカ所は熱橋と呼ばれ、外部と内部の熱の通り道みたいな部分を作ってしまうのです。

そのような部分でも、発泡型の吹付断熱でしたら、膨らみながら広がり見えない隙間も断熱材で覆うことが可能です。

しっかり断熱できる施工方法なので、夏涼しく、冬は暖かい、快適な家づくりに大活躍です。

私はモデルハウスが完成しましたら、ここで仕事をすることになっているのですが、断熱に優れた建物で快適に仕事が出来ると思うと、今から完成が待ち遠しいです。

 

皆様も完成しましたら、是非、体感しにいらしてください。